Deep Learningで人工知能が実現するとかいってる人たち、あるいはそういう見出しの記事を書きたい記者が正座して読むべき記事

Facebookでケンタロさんに教えてもらった記事。
http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/artificial-intelligence/facebook-ai-director-yann-lecun-on-deep-learning

僕も一時期(2014年の12月から2015年の1月)にDeep Learningについてかなり時間をかけて調べてみたけど、結局明らかに達成されていることは「精度の高い教師あり学習ができる」ということであって、人のように抽象化思考を行う何かがそこから発現するとは思えないと考えていた。(フリーソフトではじめる機械学習の、WEKAでのニューラルネットの章で、オートエンコーダーによってコンピュータが自動的に二進数の概念を獲得するところは興奮したけど。)

We had quite a bit of success with this, but in the end, what ended up actually working in practice was good old supervised learning

また、下記の部分などは僕が好きな苫米地氏がずっと前から表明しているのと同一の見解だと思う。

The bottom line is that the brain is much better than our model at doing unsupervised learning. That means that our artificial learning systems are missing some very basic principles of biological learning.

個人的には、人工知能(強いAI)を作るには、「痛み」「快楽」「生」「死」のような生命の根源に直結する概念、欲求を教えないとダメだと思う。痛みや死から逃げるための判定を最優先させる。このときは低い抽象度で。死から遠いところでの活動には、より抽象度の高い学習や判定を行わせていく。

Advertisements


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s